花火筒二胡

先日、台湾のニュースでマグカップ二胡をご紹介しましたが、今度は打ち上げ花火の筒で二胡を作ったという人が台湾のニュースに登場しました。

台湾本島から少し離れた澎湖諸島の馬公市に住む二胡好きの曽根旺さん、小学校の美術教師だった経験を活かして、海岸に捨てられている椰子の殻や、澎湖諸島で毎年開催されている「澎湖花火節」という花火大会で使い捨てられた花火の筒を使って二胡を作り始めたそうです。どちらも本来は捨てられたものを再利用しているので、材料費はとても安く作れるそうです。

椰子胡は十三堂楽器でも販売してますが、花火筒の二胡はどんな音がするのでしょう?
先ほどの映像には椰子胡の音しか流れておりませんでしたが、地元の新聞社のブログに、花火筒二胡が映像付きで紹介されていました。一般の二胡と音を比べてみて、いかがでしょうか?

中視新聞「椰子殼 炮筒再利用 廢棄物變身二胡」
澎湖日報「炮筒做樂器 曾根旺娛人兼環保」より

[`tweetmeme` not found]
[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る

タグ:
カテゴリー: 動画

お知らせ

徳絃社(とくげんしゃ)

〒160-0002
東京都新宿区四谷坂町10-12
ガーデンタワー37 5階

電話:03-6380-0972
FAX:03-4578-2052

営業時間:12:00~18:00
定休日:不定休

曙橋駅A4出口より徒歩5分
四ツ谷駅より徒歩10分
市ヶ谷駅より徒歩10分
(靖国通り沿い)