二胡を品定めに来て如意杯(台湾ガラス茶器)を持って帰りませんか?

入荷したてのインド鶏血紫檀二胡、大変希少な木材でもあるので「試奏はお早めに!」と書こうと思っていたら瞬く間に売れてしまいました。

このように、徳絃社は目利き(+耳利き)で二胡に関する情報に敏いお客様、そんな噂を聞きつけたビギナー~のお客様、などなどで常に賑わっています。

これから北風が厳しくなる季節、いらした皆さんに温かいお茶を召し上がっていただくのに活躍するのが台湾製のガラスの茶器、急須の代わりとなるものです。

「二胡を試奏させてください」とお見えになって、この茶器でお茶を出した瞬間「え?これは茶器なんですか?」「どこで手に入るんですか?」と興味が茶器に移る方が後を絶たないため、徳絃社ではこの茶器も店頭で扱うこととなりました。

耐熱ガラスのカップの中に取り外しのできるプラスチックのカップがセットされています。このプラスチック容器の底には穴が開いていて、穴を金属製のボール(玉)が塞いでいます。その上に茶こし状の網が張ってあり、網の上に茶葉を乗せ湯を注ぎ茶葉が開いてきたところでボールを押し上げるボタンを押すとガラスカップに茶が落ちてくる仕組みです。

これによって茶が出すぎて濃くなることを防ぐことができ、また、なんどでも淹れられる中華茶なら一日中茶の味と香りを楽しむことができるわけです。

台湾人に聞くところによると「台湾ならどこの家にでもあるような普通のもの」だそうですが、日本ではなかなかお目にかかれませんね。

徳絃社では大小2つのサイズの茶器「如意杯」を販売しています。大きいほうが1000ml(2,200円)、小さいほうが500ml(1,500円)です。実際に湯を注げるのは上部のプラスチック容器なので、一度に淹れられる容量はこの半分弱程度となります(価格は2012年11月のものです)。

粗挽きであればコーヒーも淹れられるこの茶器、お茶好きの方には一度手に取ってご覧になることをおすすめします。

あ、徳絃社では茶器以外にも二胡本体や二胡グッズ、竹笛(中国笛)なども取り扱っておりますのでそちらもどうぞよろしくお願いいたします。

/河野朝子(徳絃社 二胡講師)

過去の記事はこちらから→徳絃社オススメ!

[`tweetmeme` not found]
[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る

タグ: ,
カテゴリー: グッズ, 徳絃社オススメ!

お知らせ

徳絃社(とくげんしゃ)

〒160-0002
東京都新宿区四谷坂町10-12
ガーデンタワー37 5階

電話:03-6380-0972
FAX:03-4578-2052

営業時間:12:00~18:00
定休日:不定休

曙橋駅A4出口より徒歩5分
四ツ谷駅より徒歩10分
市ヶ谷駅より徒歩10分
(靖国通り沿い)