「あの」!王小迪湘妃竹二胡弓、入荷しました

王小迪湘妃竹弓

「德絃社にアレはないのか?」

とお問い合わせをいただくもののひとつに王小迪氏(女性です)の湘妃竹の二胡弓があります。

 てなわけで大変お待たせいたしました。入荷いたしました。

このチマキやおにぎりを包んでそうな柄の湘妃(シャンフェイ)竹弓ですが、各地でまとめ買い(買い占め?)が発生しているとの噂にも頷けます。

グリップしやすい太めの軸。太いのに軽い。この軸持っちゃったらもう他の竹にはなかなか戻れません。

アレですね、いっぱい字を書く人が太めのグリップの筆記具を選ぶあの感じ。

節は概ね2つ。3つのものもあります。固めですが、しならないかというとそんなことはなく、ガッと腕の重さを乗せると六角二胡の向こうの山を軸が超えます。

馬毛のキューティクルはガッツリです。使い始めは目の細かい紙やすりで弾いとんのか、コレ、みたいな、馬、叫ぶ、みたいな引っかかりすぎで泣きたくなるほどですが、通常より松脂を少なめにしてしばらく弾いていればガッツリを残しつつ柔らかめになってきます。

毛の本数は多くはありませんが松脂をつけすぎると結構太ります。通常の弓でも隣の弦を鳴らしてしまうことのあるような初心者にはお勧めできません、が、しかし、かつてよくあった上等とはいえない上海弓で二胡を始めてしまい、いまだにいろいろ苦戦中の私が「あの頃こんな弓が手元にあったらな」と思うことも事実です。反応がよくコントロールが利く道具が使う人を育てることもあります。

 日本の二胡を弾く人にありがちな手首に頼った「クニャクニャ」奏法から脱したい方も試してみてはいかがでしょうか。

 中胡弓の代打としても使えますが、中胡弓に必要な軸の重さと長さはないのであくまでも「間に合わせ」とお考えください。二泉琴は?う~~~ん、どうでしょう。二泉映月自体がこんなバリバリの弓で弾いていいものかどうか、とも思いますが、鳴らしやすくなることはたしかでしょう。絹弦も以下同文と考えられます。

通常、德絃社では弓にあらかじめ松脂を付けた状態で販売していますが、こちらは保存用にお求めになる方がいらっしゃったり、松脂にこだわりのあるプレイヤーに人気があるため松脂は付けてありません。店頭にあるサンプルは松脂を付け、不肖ワタクシめがときおりエイジングに努めておりますので音はそちらでお試しいただけます。

できればご自分の二胡をお持ちになってその音をご確認ください。

また他の弓より個体差が大きいので一本一本手にとってお選びいただくことをお勧めいたします。

徳絃社では二胡本体のみならず、他にも多数の二胡弓を取り揃えています。すべての弓を試奏できますので是非ご来店ください。

※12,000円(税込・2013年8月現在)

/河野朝子(徳絃社 二胡講師)

過去の記事はこちらから→徳絃社オススメ!

[`tweetmeme` not found]
[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る

タグ: , ,
カテゴリー: 付属品, 徳絃社オススメ!
「あの」!王小迪湘妃竹二胡弓、入荷しました” への1件のコメント
"「あの」!王小迪湘妃竹二胡弓、入荷しました" に 2 トラックバック・ピンバック
  1. […] 「あの」!王小迪湘妃竹二胡弓、入荷しました […]

  2. […] 王小迪湘妃竹二胡弓と同様、使い始めは絶叫なので、エイジングを要するでしょう。 […]

お知らせ

徳絃社(とくげんしゃ)

〒160-0002
東京都新宿区四谷坂町10-12
ガーデンタワー37 5階

電話:03-6380-0972
FAX:03-4578-2052

営業時間:12:00~18:00
定休日:不定休

曙橋駅A4出口より徒歩5分
四ツ谷駅より徒歩10分
市ヶ谷駅より徒歩10分
(靖国通り沿い)