二胡まっしぐら、十三堂骨董老紅木二胡301

十三堂楽器 骨董老紅木二胡301
 一口に「二胡らしい音」と言っても人によってその印象は少しずつ違います。

私の耳の中にある「二胡らしい音」のひとつにピアニスト、ラン・ラン(郎朗)のお父さん(郎国任)のものがあります。

 星一徹や、映画「北京バイオリン」の父ちゃんたちを彷彿させるスパルタで天才ラン・ランを育て上げた二胡奏者。中国に星の数ほどいる街の二胡奏者なのでしょう。

 上記で紹介した動画はロンドンで毎年秋に開催されるBBCのプロムの放送の模様ですが、オーディオには一家言あるとされているBBCの音響さんたちが、東洋の得体のしれない民族楽器 Erhu の音を脚色なく、音量感までありのままを全世界に向けて放送していて好感が持てます(日本や中国のポップス寄りの二胡の録音はとても二胡には聴こえない音に加工されていることが多く、特に日本における勘違いの元となっていますね)。

 前世紀からの中国を代表する二胡作家のオリジナルモデルなど、古典的名作に触れたことがある方になら、そうそう!(だいたい)こういう音!というのはご理解いただけると思います。

 この301はそのような古式ゆかしい二胡たちの音を基本としながら、音量感と芯になる低音表現を加えた、要するに台湾の二胡作家、李十三の提案する現代の二胡の音そのものになっているといえるでしょう。

 コンテンポラリーとは言っても二胡らしさを削らず、そこに現代の音楽にフィットできる要素を全音域に渡って加えてある、と考えられます。

 反応がよく音の形もわかりやすく、またバランスにも優れています。

 レベルアップを目指すアマチュアにも、生徒たちに二胡らしい二胡を教えたい講師にも、もちろんステージで埋もれない音が欲しいプロ奏者にも「勝負二胡」としてそのニーズに答えてくれる逸品ではないでしょうか。

 徳絃社では他にも多数の二胡を取り揃えています。すべての二胡を試奏できますので是非ご来店ください。

※300,000円(税込)/2014年5月現在

※同じ商品番号の二胡でも個体が異なれば音も違います。上記は現在(2014年5月31日)店頭にあるものについての記事となります。

/河野朝子(徳絃社 二胡講師)

過去の記事はこちらから→徳絃社オススメ!

[`tweetmeme` not found]
[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 徳絃社オススメ!, 楽器

お知らせ

徳絃社(とくげんしゃ)

〒160-0002
東京都新宿区四谷坂町10-12
ガーデンタワー37 5階

電話:03-6380-0972
FAX:03-4578-2052

営業時間:12:00~18:00
定休日:不定休

曙橋駅A4出口より徒歩5分
四ツ谷駅より徒歩10分
市ヶ谷駅より徒歩10分
(靖国通り沿い)